wave ceptorはG-SHOCKよりもゴツくないおすすめの腕時計

CASIO wave ceptorスマホ/カメラ/時計
この記事は約3分で読めます。

G-SHOCKはタフな腕時計なので、登山などのアウトドア用として愛用しているのですが、普段使いでカジュアルな服装と合わせるとゴツゴツしすぎていまいち合わないんですよね。

そのため、僕はカジュアルな服装にはCASIO(カシオ)のwave ceptorウェーブセプター)を使っています。
G-SHOCKと同じく電波ソーラー腕時計で軽いし、スポーティなシンプルデザインで、とてもおすすめです。紹介したいと思います。

CASIO wave ceptor(ウェーブセプター)の特徴と機能

wave ceptorの腕時計はいくつか種類がありますが、僕が選んだのはソーラークロノグラフタイプで樹脂ベルトのものです。
デザイン的にブラックのクロノグラフが一番カッコイイと思います。
メタルバンドもありましたが、個人的にはG-SHOCKと同じく樹脂ベルトのスポーティなものが好きです。
汗をかいても、ちゃちゃっと拭いたり洗えますし。

主な機能としては、

  • タフソーラー(ソーラー充電システム)
  • 電波受信機能(マルチバンド6:世界6局の標準電波を受信)
  • ワールドタイム(世界29都市)
  • 10気圧防水(日常生活用)

といった感じで、電波ソーラー腕時計としては必要な機能は揃っています

詳細はこちらのリンクからご確認いただけます。

wave ceptorとG-SHOCKの比較

wave ceptorとG-SHOCKを比較すると、時計のケース部分が薄くてゴツゴツした感じがありません
その分、球面の樹脂ガラスが剝き出しなので、どこかにぶつけて傷つけないように注意した方がよさそうです。
ベルト部分も同じくシンプルなデザインになっています。

それぞれの重量は、

  • wave ceptor … 46g
  • G-SHOCK … 54g

となっており、wave ceptorの方が軽いです。
軽すぎて長時間付けていても全く疲れません

比較しているG-SHOCKは、こちらのアナログタイプのものです。

ソーラー充電用の時計スタンド

G-SHOCKもそうですが、樹脂ベルトタイプのソーラー腕時計は置くときに上向きに置けないので、光充電がされにくいです。
そんな樹脂ベルトタイプの腕時計には、こちらの時計スタンドがおすすめです。
光が当たりやすい角度で置けて充電しやすいですよ。

最後に

今回は、CASIOのwave ceptorウェーブセプター)を紹介しました。
G-SHOCKよりもゴツゴツしていなくて、軽くてスポーティなシンプルデザインの電波ソーラー腕時計で。
とてもおすすめですよ。

詳細はこちらのリンクからご確認いただけます。

スマホ/カメラ/時計
えふめん

大阪在住、30代。
趣味の登山のこと、旅行・お出かけの記録、一人暮らしの家事・節約のこと、コスパ重視で買った商品のレビューなどの記事を書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
休日充実化計画

コメント

タイトルとURLをコピーしました