洗濯ばさみが劣化して割れるならポリカーボネートピンチに交換がおすすめ

ポリカーボネートピンチ家事/暮らし
この記事は約2分で読めます。

洗濯ばさみって毎日使っているので、結構劣化しやすいです。
1年以上使用したものだと、摘んだりふとした拍子に割れちゃうことが多くありました。
タオルや下着を干す角型ハンガーのピンチが割れて徐々に少なくなり、干せる領域が狭くなる…。
そんな時は、耐久性の高いポリカーボネートピンチポリカピンチ)に交換するのがおすすめです。

安い洗濯ばさみの素材はポリプロピレンやポリエチレン

ポリカーボネートピンチ

100均で売っている洗濯ばさみや、安い角型ハンガーに付いているピンチの素材は、ポリプロピレン(PP)ポリエチレン(PE)で作られています。
これらは、家庭用プラスチックで値段も安く加工が簡単なことから、日用雑貨など多くの製品に使用されていますが、耐久性はあまり高くありません。
特に、紫外線による劣化がよく見られます。
洗濯ばさみは屋外で使用するので、太陽の紫外線を長時間浴びてどうしても劣化してしまいます。

工業用強化プラスチックのポリカーボネート

ポリカーボネートピンチ

一方、ポリカーボネートピンチの素材は、ポリカーボネート(PC)です。
これは、工業用の強化プラスチックですので、丈夫で割れ・熱にも強く、耐久性が高いです。
透明なのが特徴で、CDやDVD、家電製品から、警官の盾、航空機の窓にまで使用されているそうです。
そりゃ丈夫なはずだ…。

ポリカーボネートピンチに交換する

ポリカーボネートピンチ

では、角型ハンガーの洗濯ばさみをポリカーボネートピンチに取り替えます。
と言っても、フックから外して付けるだけですけどね。
プラスチックのS字のフックが使用されていることが多いので、たいていのものなら交換可能です。

ポリカーボネートピンチ

ということで、全部ポリカーボネートピンチに取り替えました。
1年以上使用してても全く割れそうな様子はありません。

いやいや、そんなことめんどくさいという方は、ポリカーボネートピンチの角型ハンガーに買い替えるという手もあります。
もし買い替えるなら、こちらのようなポリカーボネートピンチで、本体のところがアルミのものがより耐久性があっておすすめです。

最後に

今回は、耐久性の高いポリカーボネートピンチポリカピンチ)について紹介しました。
洗濯ばさみがよく割れてしまって困っている方には、ポリカーボネートピンチに交換がおすすめです。
意外と簡単にできますよ。

家事/暮らし
えふめん

大阪在住、30代。
趣味の登山のこと、旅行・お出かけの記録、一人暮らしの家事・節約のこと、コスパ重視で買った商品のレビューなどの記事を書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
休日充実化計画

コメント

タイトルとURLをコピーしました