Ankerモバイルバッテリー+周辺機器の計4つ揃えれば無敵

Ankerモバイルバッテリースマホ/カメラ/時計
この記事は約4分で読めます。

モバイルバッテリーは、もはや外出時の必需品です。
僕は、スマホやタブレットなどの充電に、Amazonで購入したAnker(アンカー)のモバイルバッテリーを使用しています。
モバイルバッテリー単体でも十分使えるのですが、Anker製品の計4つを持っておくと、どんな状況でも対応できます。
おすすめの組み合わせなので、紹介したいと思います。

Anker(アンカー)について

Anker

Anker(アンカー)は、モバイルバッテリーや急速充電器といったスマホ関連製品スピーカーなどのオーディオ機器を開発・販売している会社(ブランド)です。

Anker(アンカー)は、モバイルバッテリーや急速充電器などのスマートフォン・タブレット関連製品の開発、販売を行うハードウェア・ブランド。Google検索でエンジニアとして働いていたスティーブン・ヤンを中心に、Google出身の数名の若者達によって2011年に設立された。

出典:Anker (エレクトロニクス) – Wikipedia

創業時はアメリカでしたが、信頼の置ける製造パートナーを見つけるために、中国へと移ったようです。
そのため、本社は中国の会社ですが、乱立するモバイルバッテリーの製造業者の中では、機能性・品質が頭一つ上に抜けていて、信頼できる製品を作っているという印象です。

Ankerモバイルバッテリーと買い揃えるべき周辺機器

Ankerモバイルバッテリー

では、Ankerのモバイルバッテリーとその関連製品、計4つを紹介します。

2019年2月1日から、モバイルバッテリーもPSEマーク(電気用品安全法に基づく表示)取得が義務図けられましたが、こちらで紹介するAnkerのモバイルバッテリー・急速充電器はもちろんPSE認証済です。
また、Anker独自技術「PowerIQ」というものが採用されており、全ての機器に対して急速充電が可能です。
USBケーブルについては、高速データ転送にも対応しています。

モバイルバッテリー「Anker PowerCore」

Ankerモバイルバッテリー

まずは、1つ目のモバイルバッテリー本体「Anker PowerCore」です。
容量は持ち運びを考えるとコンパクトの方が良いので、10,000mAhが適していると思います。
スマホのバッテリー容量は機種にもよりますが、2,500mAhぐらいのものが多いので、およそ3~4回分のスマホ充電が可能ということです。
Micro USBケーブルが1本付属していますので、これ1つでパソコンや充電器のUSBポートを使用して本体の充電、スマホに繋いで充電が可能です。

詳細はこちらのリンクからご確認いただけます。

急速充電器「Anker PowerPort」

Ankerモバイルバッテリー

続いて、2つ目の急速充電器「Anker PowerPort」です。
モバイルバッテリー本体を充電中は、スマホに繋いでも充電することはできません。
そのため、モバイルバッテリーとスマホを同時に充電するためには、コンセントに挿して使う充電器が必要です。
この急速充電器は、USBポートが2つあるので、モバイルバッテリーとスマホを同時に充電可能です。
こちらは特に旅先などで役立つので、旅行へ行くときはモバイルバッテリーと一緒に持っていると安心です。

詳細はこちらのリンクからご確認いただけます。

USBケーブル「Anker PowerLine」

Ankerモバイルバッテリー

続いて、3つ目のUSBケーブル「Anker PowerLine」です。
モバイルバッテリーに付属のMicro USBケーブルは1本だけですので、充電器で2つの機器を同時に充電するためには、もう1本USBケーブルが必要になります。
また、スマホのコネクタ形状がMicro USBではなく、USB Type-Cであったり、iPhoneの場合はLightningケーブルだと思いますので、自分の持っている機器に合ったUSBケーブルを買い足して持っておくと便利です。

詳細はこちらのリンクからご確認いただけます。

変換アダプタ「Anker USB-C & Micro USB アダプタ」

Ankerモバイルバッテリー

最後の1つは、変換アダプタ「Anker USB-C & Micro USB アダプタ」です。
必要なコネクタ形状のUSBケーブルを揃えておけば問題ないのですが、それだとケーブルの数が多くなってしまいますよね。
そんなときは、変換アダプタが役に立ちます。
僕は、Micro USBの機器が多いので、Micro USBケーブルを買っており、USB Type-Cの機器のみこの変換アダプタを使用して接続しています。
また、変換アダプタが先に付いていて、Micro USB・USB Type-C・Lightningケーブルの3つに対応したUSBケーブルもありますので、こちらもおすすめです。

詳細はこちらのリンクからご確認いただけます。

最後に

今回は、Anker(アンカー)のモバイルバッテリーと買い揃えるべき周辺機器を紹介しました。
この計4つがあれば、どんな状況でもスマホの充電に困ることはないと思うので、おすすめですよ。

詳細はこちらのリンクからご確認いただけます。

スマホ/カメラ/時計
えふめん

大阪在住、30代。
趣味の登山のこと、旅行・お出かけの記録、一人暮らしの家事・節約のこと、コスパ重視で買った商品のレビューなどの記事を書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
休日充実化計画

コメント

タイトルとURLをコピーしました