ヤフー天気アプリ 雨雲レーダーは15時間先まで確認可能で超便利

ヤフー天気アプリ 雨雲レーダー スマホ/カメラ/時計
この記事は約3分で読めます。

天気予報は毎朝確認していますが、天気マークや降水確率だけだと雨が降るのか降らないのか、判断できないことがあります。
また、自分のいる場所の天気がピンポイントで分かった方がいいですよね。
そんなときは、ヤフー天気アプリの雨雲レーダーがおすすめです。

スポンサーリンク

ヤフー天気アプリの雨雲レーダーが15時間先まで確認可能に

ヤフー天気アプリには、雨雲レーダー機能があり、雨雲の接近を簡単に確認することができます。
この雨雲レーダーは、2019年3月5日のアップデートで、15時間先まで確認できるようになりました。
これまでは、6時間先までしか確認できませんでしたので、かなり利便性がアップしました。

僕の使い方は、

  • 朝洗濯して干して、夕方帰宅するまで雨が降らないか
  • 自転車通勤なので、朝は大丈夫でも帰りに雨が降らないか
  • スポーツ・登山など、外出時に天気が持つか

といった時に、よく確認しています。
雨雲の動きは随時変わるので、こまめに確認した方がいいです。

ヤフー天気アプリ 雨雲レーダー

雨雲レーダーは、アプリを起動して上のメニューから開きます。

ヤフー天気アプリ 雨雲レーダー

画面下のメーターをスクロールして、15時間先まで雨雲の動きを確認できます。
こちらは、Android版の画面です。

雨雲レーダーで1時間より先を確認するには、Yahoo!JAPAN IDによるログインが必要です。

iPhone、Androidでのインストールは、それぞれApp Store、Google Playへ。

スポンサーリンク

雨雲レーダーのウィジェットを設置すれば便利

ヤフー天気アプリの雨雲レーダーのウィジェットを設置しておくと便利です。

ヤフー天気アプリ 雨雲レーダー

僕はAndroid(アンドロイド)スマホで、このように設置しています。
3日後までの天気と現在の雨雲の様子が一発で分かるので便利です。

ヤフー天気アプリ 雨雲レーダー

ウィジェット設定手順は、画面上のアイコンが何もないところを長押し⇒ウィジェット追加⇒Yahoo!天気のウィジェット選択して設置、という感じです。

ヤフー天気アプリ 雨雲レーダー

アプリの設定で、雨雲レーダーの更新時間の間隔を変更できます。
選択できるのは、1時間・3時間・6時間なので、デフォルトの1時間のままがいいと思います。

ヤフー天気アプリ 雨雲レーダー

また、雨雲接近のプッシュ通知も設定できます。

最後に

今回は、ヤフー天気アプリの雨雲レーダーについて紹介しました。
15時間先まで雨雲の様子を確認できるので、とても便利です。
洗濯物を干すときや外出時など、雨が降らないかどうかを判断しやすくておすすめですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホ/カメラ/時計
えふめん

趣味のことや一人暮らしの生活のこと、買ったもののレビューを書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
休日充実化計画

コメント

タイトルとURLをコピーしました