アシックス GT-2000は快適でランニングが楽しくなるシューズ

アシックス GT-2000 NEW YORK 6ウェア/ギア
この記事は約3分で読めます。

僕の使っているランニングシューズは、ASICSアシックス)のGT-2000 NEW YORK 6です。

週一ぐらいのペースで4~5キロぐらいをゆっくり走っていますが、このシューズほんと快適です。
クッション性とフィット感が抜群で走りやすくて、ランニングがあんまり好きじゃない僕でも楽しくなってきてる…かも。
そんなGT-2000を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

クッション性の良いソール

アシックス GT-2000 NEW YORK 6

GT-2000には数多くのテクノロジーが使われていますが、一番良いところはやっぱりクッション性かなと思います。
GEL(ゲル)や反発性の高いフォーム素材でできたソールは、ランニング時の足の着地にかかる衝撃・負担を軽減してくれます。
実際に走ってみると、足が地面に着くたびにめっちゃ弾力を感じます。

アシックス GT-2000 NEW YORK 6

アウトソールの形状は変わっていて、この曲線が走りの安定感を高めることに一役買っているようです。

アシックス GT-2000 NEW YORK 6

インソールも厚みがあり、クッション性を高めてくれています。

日本人の足型に合うフィット感の良いアッパー

アシックスのシューズは、日本人の足型に合うように設計されています。僕はアディダスやナイキのシューズは足先が細すぎて履けない。。
もちろんGT-2000もそのようになっていて、フィット感抜群です。
特に履き口の部分が上の方ほど分厚くなっていて、くるぶし部分まで包まれるような履き心地で気に入っています。
ただし、この部分の表面が擦れに弱そうな素材なのが若干気になりますが…。

アッパーのメッシュは通気性が良いので、蒸れにくくなっています。

詳細はこちらのリンクからご確認いただけます。

最新モデルのGT-2000 7はこちらです。

GT-2000とGEL-KAYANO(ゲルカヤノ)の比較

アシックス GT-2000 NEW YORK 6

アシックスのランニングシューズといえば、GEL-KAYANOゲルカヤノ)も有名です。
GT-2000(写真左)とゲルカヤノ(写真右)を比較すると、次のようになります。

GT-2000シリーズゲルカヤノシリーズ
片足重量
(27.0cm)
約300g
(NEW YORK 6の場合)
約320g
(24の場合)
参考ペース6分半~7分/1km8分/1km
フルマラソン
参考目標タイム
5時間前後完走目標

GT-2000はゲルカヤノよりも軽く、スローペースなファンランナーが対象といったところでしょうか。6分台/1kmでゆっくり走る僕にもピッタリ当てはまります。

ゲルカヤノはビギナー向けですね。僕はゲルカヤノは普段使いで履いています。

幅はスリム・レギュラー・ワイドの3種類あるので注意

GT-2000は、足幅がスリム・レギュラー・ワイドの3種類あるので、購入の際は注意しましょう。
僕はレギュラーが買ったつもりが間違えてワイドを注文してしまったみたいで、返品するハメになったことがあります。。

各種類の幅の目安は、

種類
スリムE
レギュラー2E
ワイド4E

となっています。
僕はレギュラー幅でピッタリです。

モデルによっては、

  • スリム ⇒ ナロー
  • ワイド ⇒ スーパーワイド・エクストラワイド

という名称の場合もあります。

最後に

今回は、僕の使っているASICSアシックス)のGT-2000 NEW YORK 6を紹介しました。
クッション性とフィット感が抜群で走りやすくて、ランニングが楽しくなるシューズです。

詳細はこちらのリンクからご確認いただけます。

最新モデルのGT-2000 7はこちらです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウェア/ギア
えふめん

大阪在住、30代。
趣味の登山のこと、旅行・お出かけの記録、一人暮らしの家事・節約のこと、コスパ重視で買った商品のレビューなどの記事を書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
休日充実化計画

コメント

タイトルとURLをコピーしました