六甲山登山後に有馬温泉 金の湯で汗を流してリフレッシュ

有馬温泉 金の湯旅行/お出かけ
この記事は約2分で読めます。

2018年12月31日、大晦日に六甲山へ登山しに行きました。

下りは有馬温泉の方へ下山し、ぶらぶら観光して金の湯で汗を流しました。
登山後の温泉は最高ですね。
金泉の湯で疲れた体を癒してリフレッシュできました。

スポンサーリンク

有馬温泉をぶらぶら観光

せっかく有馬温泉に来たので、少し観光を。
それにしても、大晦日なのに(だからかもしれないが)すごい観光客の数で人混みでした。

温泉寺湯泉神社
場所はかんぽの宿の裏の愛宕山公園を抜けた先です。

有馬温泉 金の湯

御所泉源
有馬温泉にある7つの泉源のうちの1つです。

有馬温泉 金の湯

赤いねね橋ねねの像
太閤秀吉像はスルーしてしまった。

有馬温泉 金の湯

ねね橋の上から眺める有馬川河川親水公園
広々としています。

金泉の金の湯で汗を流す

有馬温泉 金の湯

そして、金の湯に入って汗を流します。

有馬温泉の日帰り温泉と言えば、金泉の金の湯炭酸泉・ラジウム泉の銀の湯
僕はあの茶色くて少しとろみのある金泉が好きなので、金の湯に入りました。

入浴料金はこちらです。

金の湯大人(中学生以上):650円
小人(小学生):340円
銀の湯大人(中学生以上):550円
小人(小学生):290円
金の湯・銀の湯
(2館券)
850円

両館とも入る場合は2館券がお得です。
ボディーソープ・リンスインシャンプー・ドライヤーは備え付けなので、タオルのみ必要(タオル販売あり)です。

結構混雑していましたので、順番待ちに並びましたが、男性の方は回転が速くて5分ほどで案内されました。
お目当ての金泉は2つの浴槽でぬるめ・あつめと別れており、ぬるめのお湯にゆっくり浸かりました。

金泉は鉄分を含んでいるので、タオルを浸けると色が移ってしまうので注意です。

スポンサーリンク

阪急高速バスで梅田の阪急三番街高速バスターミナルへ

温泉も入ったので、帰ります。

大阪方面へ帰る場合は、有馬温泉バスターミナルから出ている阪急高速バスが便利です。
特急・急行・空港の3種類の便がありますが、梅田(阪急三番街)まで行くならどれに乗ってもそんなに時間は変わらないので、早いのに乗ればいいかと思います。

  • 特急 … 55分 / 梅田(阪急三番街)までノンストップ
  • 急行 … 1時間 / 千里ニュータウン、新大阪経由
  • 空港 … 1時間 / 大阪国際空港経由

料金は、有馬温泉 ⇒ 梅田(阪急三番街)の場合、1,370円です。

最後に

六甲山登山後の有馬温泉はやっぱり最高でした。
大阪からも近いし、今度は有馬温泉メインでちゃんと観光もしてみたいなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅行/お出かけ
えふめん

大阪在住、30代。
趣味の登山のこと、旅行・お出かけの記録、一人暮らしの家事・節約のこと、コスパ重視で買った商品のレビューなどの記事を書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
休日充実化計画

コメント

タイトルとURLをコピーしました