防水・滑らないモンベル クラッグステッパーはレインシューズとしても使える

モンベル クラッグステッパー ウェア/ギア
この記事は約3分で読めます。

モンベルの「クラッグステッパー」はお気に入りのトレッキングシューズです。
軽登山やハイキングにはもちろん、それ以外にも普段使い、主に雨の日の外出時にレインシューズとして使用しています。
防水性に優れており、濡れた地面でも滑りにくくておすすめですので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク

モンベル「クラッグステッパー」の外観と履き心地

モンベル クラッグステッパー

耐久性の高い「スエードレザー(天然皮革)」

モンベル クラッグステッパー

クラッグステッパーのアッパーは、耐久性の高い「スエードレザー(天然皮革)」を使用しています。

モンベル クラッグステッパー

普段使いで、ユニクロのスキニーフィットパンツと合わせるとこんな感じになります。

履きやすくてフィット感も良い

モンベル クラッグステッパー

クラッグステッパーはローカットのシューズなので、ミドルカットに比べて靴紐を結ぶ手間が少なく、楽に履くことができます。
履き心地は、ややゆったりした印象ですが、シューレースを結ぶとちょうど良いフィット感です。
タンの部分が当たって痛いとかはありませんでした。

スポンサーリンク

モンベル「クラッグステッパー」の濡れない・滑らない機能性

モンベル クラッグステッパー

世界最高レベルの防水透湿性「ゴアテックス(GORE-TEX)」

モンベル クラッグステッパー

ゴアテックス(GORE-TEX)」は、アウトドアウェア・シューズでよく使用されている素材で、防水透湿性に優れています
クラッグステッパーには、この「ゴアテックス(GORE-TEX)」が採用されています。

シューズ内が濡れてしまう主な原因は、

  • 雨や水たまりでシューズの外側から水が染みて濡れる
  • 足の発汗でシューズの内側から蒸れて濡れる

の2つです。

クラッグステッパーは、ゴアテックスの防水性が高いので外側からの水は染みないし、透湿性が高いで内側の湿気を排出しやすく蒸れにくいです。
大雨の中でクラッグステッパーを履いて歩いたら、パンツの足元は完全に濡れていたのに、シューズを脱ぐと靴下のシューズに覆われていた部分だけ全く濡れていなくてビックリしたぐらいです。

グリップ力抜群のアウトソール「トレール グリッパー」

モンベル クラッグステッパー

クラッグステッパーに使用されているモンベル独自のアウトソール「トレール グリッパー」は、グリップ力抜群です。
濡れた40度以上の斜面でも滑らないんだとか…すごいな。

モンベル クラッグステッパー

登山用のアウトソールなので、濡れた岩場でも滑らないように、ソール表面の水が抜けやすく、地面をつかみやすい溝の形状になっているようです。

革靴やブーツなど、スニーカーでもたまにありますが、雨の日の駅のホームや階段でツルっと滑ってしまいそうなことがありませんか?
クラッグステッパーならそんなところでもグリップが効いて、全く滑らないです。

最後に

今回は、モンベルの「クラッグステッパー」を紹介しました。
トレッキングシューズとしてはもちろん、濡れない・滑らないので雨の日の外出時にレインシューズとしてもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウェア/ギア
えふめん

趣味のことや一人暮らしの生活のこと、買ったもののレビューを書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
休日充実化計画

コメント

タイトルとURLをコピーしました