冬の金剛山へ!アイゼン装着して雪山登山してきました

冬の金剛山 登山
この記事は約3分で読めます。

登山は達成感があって、自然の中で癒されるので、好きです。

でも、冬場の雪山登山はしたことなかったんです。
前から行こう行こうと思ってたんですがね。。

ということで、本日2月10日に冬の金剛山へ行ってきました!

スポンサーリンク

冬の金剛山

金剛山は、大阪府の千早赤阪村と奈良県の御所市との境目にある山です。
標高は、1,125mで頂上の地点は奈良県なんですが、その中腹が大阪府の標高最高地点となっています。
標高の割には、とても登りやすい山です。
アクセスもよくて、大阪市内から1時間程度なので、人気の山ですね。

そして、冬場1、2月の金剛山は雪山となって雪景色が見れるのです!
これは行って確かめるしかない!

雪山登山の必需品「アイゼン」

雪山登山に欠かせない装備は「アイゼン」です。
冬の金剛山も例外ではありません。
踏み固められた雪の路面がカチカチに固まっているので、アイゼンなしでは滑ってしまって危険です。

今回準備したアイゼンは、モンベルで購入しました。
軽登山用の6本爪のものです。
6本爪だと安定感があって、歩きやすいですよ。

冬の金剛山

このアイゼンの詳細については、こちらの記事を参考にしてください。

冬の登山 軽アイゼンは6本爪のモンベル スノースパイク6がおすすめ

冬の低山・軽登山用におすすめの軽アイゼン モンベル スノースパイク6について紹介します。

金剛山へのアクセス

金剛山へのアクセスは、電車とバスを利用する場合、近鉄長野線「富田林駅」か、近鉄長野線・南海高野線「河内長野駅」からバスで「金剛登山口バス停」下車ですよ。

スポンサーリンク

金剛山登山

ということで、登山口へ到着しましたので、いざ登ります!

冬の金剛山

麓の登山口から五合目ぐらいまで雪はなかったのですが、六合目ぐらいからこんな感じの雪が!

冬の金剛山

そして、見上げてみると木の枝には露氷が!

冬の金剛山

登りはそこまで滑りそうな感じはなかったので、アイゼンなしでそのまま登りました。
そして、頂上へ到着!
頂上はまさに雪山という感じの雪だらけで、平地と比べて異次元な感じがしました。

でも、今年は暖冬の影響で金剛山も雪はかなり少ないらしく、今日はタイミングがとても良かったようです。
それにしても、スマホで撮った写真がブレまくりだ。

冬の金剛山

冬の金剛山

と、ここでようやくアイゼンを装着します。
さすがにここからは滑りそうなのと、下りの方が滑りやすくて危険なので。
装着すると、こんな感じです。

冬の金剛山

冬の金剛山

そして、眺望広場から少し進みます。

冬の金剛山

そうすると見えてきました、葛木神社。
実は金剛山の頂上はこの葛木神社の地点なんですね。

冬の金剛山

冬の金剛山

ということで、本当の頂上もちゃんと拝んだところで、後は下るだけ。
だったんですが、ここからが辛かった。

下り道は、「金剛山ロープウェイ前バス停」の方へ下りていくルートなんですが、急なコンクリートの坂の上に雪が凍り固まっていて、超危険。
みんな手すりにつかまりながらゆっくり下りていて、行列もできていました。

という感じで、なんとか滑って尻もちをつくこともなく、無事に下山できましたとさ。
冬の金剛山を楽しめました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
登山
えふめん

趣味のことや一人暮らしの生活のこと、買ったもののレビューを書いています。

えふめんをフォローする
\よかったらシェアしてね/
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
休日充実化計画

コメント

タイトルとURLをコピーしました